前へ
次へ

勉強の長期計画や短期計画を立てておく

会社の経営は計画を立てて進める必要があり、長期計画や中期計画、短期計画を立ててそれを実行していきます。
長期計画は10年計画ぐらいで、中期は5年や3年、短期となると1年やそれより短い期間で計画を立てるときもあります。
長期や中期の計画は実行度合いによって変更することもあります。
高校生ぐらいまでだと受験が一つの目標になり、志望校合格のための計画を立てるでしょう。
長期計画としては1年から受験までの期間に設定し、中期計画として定期テストまでの期間などを設定します。
短期計画は1週間や1日等で設定してそれらが達成できるように勉強していきます。
計画は一つ立てればいいと考えがちですが、長期のみや短期のみで立てようとすると計画通りに勉強ができているのかわかりにくい時もあります。
いくつかの期間の計画を立てておけば、勉強の進み具合なども把握しやすくなります。
子供が計画を立てられないときは親が協力して立ててあげると良いでしょう。

Page Top